Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
とのうちファミリークリニックは、土曜日・日曜日の午後も診療しています
お昼ごはん☆冷凍食品

テレビで最近の冷凍食品が進化していて、とてもおいしいと言ってました。

 

すぐにブームに乗るわが家。

 

あっちこっちのスーパーで探しましたが、近場では「イオン」が比較的品数豊富。

以下の2つをゲットしました。



ギンレイ「長崎ちゃんぽん発祥の店 四海樓」

 

店で食べるのと変わらない。

という感じ。


明治「芳醇 ポルチーニクリームリゾット」

 

ちゃんとリゾットしてる。

 

ホテルニューグランド監修のシーフードドリア、というのも紹介されてましたが、これはどこにもなかった。

 

冷凍食品が充実しているスーパーは、どこでしょう。

探し歩く旅に出ます。

posted by jinen_kun | 14:45 | 外食日記:その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
mr.kansoの缶詰☆横浜高島屋

高島屋地下1階入り口にある特設売り場に、缶詰専門店が出ていました。


 

前日に行って買った金華さばとだし巻き卵がすごくおいしかったので、買い足しに行きました。

金華サバは売り切れでした。値段が倍くらいするさばと書かれた缶詰を買いました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

「mr.kanso」というお店です。

 

お店のホームページはこちら

実店舗が全国のあちこちに散在しています。

神奈川県は残念ながら川崎にしかない。

 

※フランチャイズ店募集中。

 

posted by jinen_kun | 12:19 | 外食日記:その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
箱根暁庵☆元箱根 そば

箱根小旅行の途中、ちょうどお昼時に箱根湯本到着。

 

この辺においしいおそば屋さんがあると聞いたことがあった。

ネット検索。「あかつきあん」、たしか、そんな名前だ。

 

ナビをたよりに、川沿いの道をしばらく奥に入ってお店にたどり着く。

広い駐車場あり。ただし、歩いては来られなさそうな場所。

 

akatuki1702_1.jpg

 

akatuki1702_2.jpg

 

akatuki1702_4.jpg

天ぷらせいろ1900円+税

 

天ぷら、揚げ方がいい。

 

akatuki1702_3.jpg

鴨せいろ1550円+税

 

鴨は本物の味。

 

そばつゆは色が濃く見えるが薄味。うまい。

つゆの量も多すぎず適量なので、濃厚なそば湯と合わせてぜんぶ飲める。

 

akatuki1702_5.jpg

明治の元老山縣有朋ゆかりの「暁亭」

 

場所柄、お客さんはそんなに混んでなかった。

この店に来る途中通りがかった箱根湯本に近い「はつ花本店」は、地の利を得てかお客さんがごった返していました。

 

店の雰囲気がうまさをさらに引き立てる。

 

おみやげに買ってきた蕎麦粉のパウンドケーキがめちゃうまかった。

 

はじめて行った店

「暁庵」  箱根湯本  ジャンル:そば

  神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋184

 

初訪問 2017年2月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ★★★ ぜひまた来たい

 ☆☆  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 20:49 | 外食日記:その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソルティ・ドッグ Salty Dog☆静岡市 バー

静岡に泊まって「多可能」で食べたあと、いつもの「ソルティ」に行きました。

 

salty1608_1.jpg

 

salty1608_2.jpg

 

貴重なウイスキーを飲ませてもらいました。

salty1608_3.jpg  salty1608_5.jpg

 

 salty1608_4.jpg  salty1608_6.jpg

 

1990年に「タリバーディン」という蒸留所で造られた228本の1本。

 

甘い。ふくよか。

こんなに飲みやすいウイスキーははじめて。

 

山本さんが最後ちょっとだけ残してくださいと言う。

なにするんだと思ったら、そこに水をちょっと垂らしてくれた。

 

辛い。のどが刺激されて、咳き込んでしまった。

水をちょっと垂らしただけで、別物。

 

「1滴の水がウイスキーを暴れさせる」とは山本さんの弁。

 

向こうの人は基本、水で割ったりせず、そのままストレートで飲むのが習慣になっている。

ウイスキーとはそういうものらしい。

 

欧米人と体質がちがうんですかね。

日本では蒸留酒がなじまない理由がここにあるとか。

 

いまのは53度で、次に飲んだ「クラガンモア」は60度。

ロビン・トゥチェク&ジョン・レイモンドによる「ザ・モルトウイスキー・ファイル」という本にも載ってるメーカー。

 

こちらもカーッとこない。

カーッとくるのは度数の問題じゃないんだ。

 

ウイスキーというものが、ちょっとだけわかったような気がした。

 

salty1608_7.jpg

貴重なお酒が揃っています

 

salty1608_8.jpg

 

「最後に琥珀のもの(ウイスキー)を飲んで余韻を楽しむ」のが、洋酒の飲み方だそうだ。

 

山本さんにお勧めの店をいくつか教えてもらった。

その中の1つ、そっと教えちゃいましょう。

 

「軽井沢万平ホテル」のバーです。

夜は特別のウイスキーを提供してくれるそうですよ。

 

「ソルティ・ドッグ」  静岡市  ジャンル:バー  わが家の“日本一の店”
 静岡市葵区常磐町1丁目1-3-30

posted by jinen_kun | 22:37 | 外食日記:その他 | comments(0) | trackbacks(0) |