Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
「医療法人社団順伸クリニック とのうちファミリークリニック」が9月1日に新規オープンいたしました。
皆様にはご迷惑とご心配をおかけしましたが、まったく別のクリニックとして生まれ変わりました。
皆様からいただいた温かいお言葉を胸に、これまで以上に精進いたしますので、お見守りください。
今年六十のおじいさん☆童謡だったんだ
このところずっと、「今年六十のおじいさん」という歌詞が頭から離れませんでした
曲も覚えています。
でも、誰の何という歌だったか、思い出せませんでした。

このフレーズで検索したら、「d-score」というサイトが出てきました
「童謡、唱歌、クラシックの楽譜ダウンロード」という副題がついています。

「船頭さん」という歌でした。
 作詞:武内俊子 作曲:河村光陽 昭和16年(1941年)7月28日
  村の渡しの船頭さんは 今年六十のおじいさん

昭和16年。
この頃は60歳というのはおじいさんだったんですね。
隔世の感。

この2人のコンビがつくった歌が挙げられています。
 「リンゴのひとりごと」:わたしはまっかなリンゴです お国は寒い・・・
 「かもめの水兵さん」 :かもめの水兵さん ならんだ水兵さん・・・
 「赤い帽子白い帽子」 :赤い帽子白い帽子 仲よしさん いつも通るよ・・・

はじめに検索した「Uta-Net」では、このフレーズでは何も出てきませんでした。
「ギッチラギッチラ」だと、「潮来花嫁さん」など。

歌謡曲ではなく、童謡だったんですね。
だから特定の歌手というのもいなかったわけか。

ところで、「童謡」と「唱歌」の違い、わかりますか。
音楽の教科書に載ってるのが唱歌かな、と思いました。

ネット検索したら、このサイトが一番最初に出ています。
ふむふむ、なるほど。
posted by jinen_kun | 17:00 | 昭和の残映 | comments(0) | trackbacks(0) |
長者町のビル、その後

前にお話しした「長者町の古いアパート」、ついに取り壊されていました。

このビルについて、これまでに記事を2つ書いています。

長者町のビル
影も形もなくなって、建設工事がはじまっています。

長者町のビル
当然、マンションでしょうね。
「オール電化」の文字が躍る。

こうやって、時代は移り変わる。

旧名称『長者町二丁目第二共同ビル』

posted by jinen_kun | 08:50 | 昭和の残映 | comments(0) | trackbacks(0) |
消えゆく風景☆横浜駅西口「シャル CIAL」

この横浜駅西口の駅ビルが「シャル」という名前だと知ったのは、つい最近のことでした。

そのシャルが今年中に姿を消すという話だったので、写真を撮っておきました。

シャル
左のグリーンの網がかかったみたいなのが「モアーズ」。
「シャル」と「モアーズ」の間の白い建物は「エクセル東急」で、こちらも一緒に消えます。

高校生の頃はよく駅ビルをぶらつきましたが、大人になってからあまり入ったことはありません。

なくなる前にぜひみなさん、写真を撮りに来てください。
SLじゃないか。

台風9号の影響で、横浜も雨、降ってました。

posted by jinen_kun | 21:15 | 昭和の残映 | comments(0) | trackbacks(0) |
狸小路☆横浜駅西口周辺

水曜日、横浜駅西口周辺をブラブラしてて。

発見!! 異次元空間の入り口。

狸小路
路地好きのボクにはたまりません。

狸小路
「通り抜け出来ます」が妙に懐かしい響き。

滝田ゆうの漫画の世界ですね。
「寺島町奇譚」の玉の井には、「ぬけられます」の看板があちこちにあったそうじゃありませんか。

そのうちこの小路の店で、いっぱいやりましょう。

posted by jinen_kun | 20:39 | 昭和の残映 | comments(0) | trackbacks(0) |