Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
とのうちファミリークリニックは、土曜日・日曜日の午後も診療しています
とり福☆西区・浅間町 焼き鳥

妻が出かけていてひとりの夜、ぶらぶら歩きながらひょいとこの店に入った。

 

何十年か前、いちどだけ入ったことがある。

選択理由は、なんとなく、ふだんいかない店へ、という気分かな。

 

じつは妻が出かけるとき、「ひとりでいても時間をつぶるようにしないといけない」と言われていて、晩めし時、意を決して外出。

 

torihuku1810_1.jpg

焼き鳥串、塩・タレはおまかせ

 

torihuku1810_3.jpg

もやし肉炒め

 

torihuku1810_2.jpg

店主

 

もともと群馬県出身で、若いころ横浜へ出てきた。

バンバン働いて資金を貯め、22歳でここにお店を出した。

 

来年で開店50年になるそうだ。

 

店に入ると右手奥に向かってカウンター。

奥に広いお座敷。

 

バブルのころは座敷に30人入るなど、連日満席でにぎわったそうだ。

 

味は少し濃い目で、特別感はないがふつうに食べられる。

ここは最高の味を求めてというよりは、皆さん、店主との会話を楽しみに通っているみたい。

 

女性スタッフが1人いたが、この人もノリがよく、店主とお客さんとの会話に加わっている。

 

torihuku1810_4.jpg

 

お店は開店した時から「一代」と決めているので、跡取りはなし。

 

ほぼはじめて行った店

「とり福」  西区・浅間町  ジャンル:焼き鳥

 横浜市西区浅間町5‐386-7

 

初訪問 2018年10月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 21:29 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
さかえ☆岡野町 牛もつ

以前知り合いに勧められていたのですが、うちはモツはちょっと、と思って遠ざけていました。

 

後日その人にそのことを言うと、モツだけじゃなくていろいろなメニューがあるとのことでした。

 

機会があって行くことになりました。

 

sakae1807_1.jpg

 

 

sakae1807_2.jpg

お通しは露地野菜のサラダ

 

sakae1807_3.jpg

水ナス・リンゴ・新生姜のサラダ

 

お通しが出てくる前にサラダをたのんじゃったのでどうしようかと思ったけど、趣向がちがうので可。

 

sakae1807_4.jpg

シロたれ

 

sakae1807_5.jpg

牛モツのトマト煮込み

 

sakae1807_6.jpg

本日の牛赤身 白瓜と西洋わさび添え

 

締めに地野菜のチーズリゾット。

おいしいけど、塩効き過ぎ。

 

6人掛けのカウンターに座ることができました。

ほかに大テーブル10人、丸テーブル3人。

 

混んでました。

 

店主は寡黙で、接客はしない。女性スタッフ2人。

 

質問して情報収集。

スタッフの中に奥さんはいないそうです。

岡野町で焼肉の店をやっていたが、ビルが取り壊しになり撤収。

その後イタリアンの店などで修行して、今年の2月初旬に開店したとのことでした。

 

お店での会話を求めなければ、いい店かも。

 

はじめて行った店

「蔵モツ 肉酒場 さかえ」  西区・岡野町  ジャンル:炭火焼き

 横浜市西区浅間町1-12-3 1F

 お店のホームページ

 

初訪問 2018年7月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 20:58 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
都寿司☆西区・浅間町 すし

お客さんが来たので、お寿司屋さんに行きたいという要望に応えて。

 

「龍亭」のマスターが、「江戸さんが休んでるので、自分が休みの月曜日に親孝行で行っている」と言ってたので。

 

だいぶ前に、少なくとも10年以上前、1度か2度行ったことがあります。

ほかに行く店ができたので、足が遠のいていました。

 

miyako1807_2.jpg

お通しはもずく

 

お店はカウンター7席で、ちょうど3席空いていました。

ほかに掘りごたつ式のテーブル2つ。

 

miyako1807_1.jpg

刺身盛り合わせ

 

貝の季節でした。

 

miyako1807_3.jpg

鮪のカマ

 

食べやすく切ってくれてある。

 

miyako1807_4.jpg

本日のおすすめ

 

キンキにわざわざ“エセ”とある。

良心の店。

 

miyako1807_5.jpg

 

お店はご夫婦2人でやってる。

何年くらいやってますかと聞いたら、忘れたと言ってました。

 

かなり昔からあります。

 

「龍亭」のマスターも言ってたけど、ネタへの知識が豊富。

そして、コストパフォーマンスにも敏感。

 

ミル貝は国産の本ミルは高いので、カナダ産を養殖した白ミルを使う。

イクラはカナダ産。北海道が不漁で、カナダ産を使うが、これでも高い。

高いものはうまい。安いものでうまいものはない。

なんて話を、いろいろ聞かせてくれました。

 

前に来た時、この店ではじめて海ぶどうを食べて知りました。

 

ピザの宅配で事故が多かったので、最近はバイトに配達をやらせてはいけないんだそうです。

だから、店主直々に配達するとか。

 

いつも通り食べて飲んで1人6000円はお寿司屋さんとしてはリーズナブル。

 

久しぶりに行った店

「都寿司」  西区・浅間町  ジャンル:すし

  横浜市西区浅間町3-174-2

 

初訪問 2018年7月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

  ※久々の訪問なので、初訪問として評価

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 17:07 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
スペリアーモ☆藤棚・西横浜 イタリア家庭料理

この店は行く直前に電話で席を確認することにしています。

行って満席だと困るので。かといって、前もって予約することはしないのです。

 

で、今回も2回続けて満席でした。

3回度目にして、やっと。

 

speriamo1807_2.jpg

エビのパートブリック包み揚げ ガスパッチョとともに

 

speriamo1807_3.jpg

イワシのマリネ お野菜のピクルスとともに

 

speriamo1807_1.jpg

キタアカリのフリーコ

 

めずらしく、ホールのまま手つかずで置かれていました。

 

speriamo1807_4.jpg

シラスとフレッシュトマト、ディルのスパゲッティ

 

シラスは和歌山産。

ハマグリのパスタにしようと思ったら、ハマグリ売り切れ。

 

speriamo1807_5.jpg

あっぷるパイ

 

 

この時期、話題は当然、夏の甲子園神奈川大会に。

 

今年の東海大相模は、1年生で4番の西川君に注目してくださいと、ママシェフが強くおしていました。

1年生ってことは、ついこの間まで中学生ですよ。

 

ただし、今年甲子園に行かれるかどうかは、ビミョウ、というのがマスターの意見でした。

ピッチャーのでき次第のようです。

 

「スペリアーモ」  西区・藤棚  ジャンル:イタリア家庭料理  わが家の“日本一の店”
 横浜市西区藤棚町1-121
  お店のツイッター
  お店のホームページ


初訪問 2003年10月
新装開店後の初訪問 2009年10月

posted by jinen_kun | 14:32 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |