Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
とのうちファミリークリニックは、土曜日・日曜日の午後も診療しています

※近隣の感染症情報:5月13日現在
みずぼうそう(水痘)が流行っています
溶連菌感染症はコンスタントにあります
インフルエンザはほんのパラパラ程度です
手足口病は見ません

※手足口病〜ヘルパンギーナについて:6月2日現在
ここ数日、これらの病気らしい子がちらほらみられるようになりました
この2つの病気は、ほぼ同じ病気です
なかや☆横浜駅西口周辺・ジョイナス きしめん・うどん

昼に西口にいたので、近隣でごはん。

この場合、うちはジョイナスかヨドバシに相場が決まっている。

 

そばかうどんと思い、ジョイナスへ。

 

nakaya1905_2.jpg

 

うどんがあるのでこの店に。

 

nakaya1905_1.jpg

鴨汁きしめん(熱いつけ汁)

 

肉が5枚入ってて、税込み900円。

安い。うまい。

 

煮込みを注文した人には紙のエプロンがつく。

 

昭和39年にダイヤモンド地下街で創業し、その後ジョイナスに移転したとHPにあります。

そんな前から… 入ったことなかった。あったの知らなかった。

「名古屋名物 きしめん・味噌煮込みうどん」の店とある。

なぜ「大関」なのかは不明。

 

はじめて行った店

「横浜なかや 大関本店」

 横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス地下2階

 お店のホームページ

 

初訪問 2019年5月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 12:05 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
あまんじゃく☆保土ヶ谷・大門通り 広島風お好み焼き

GW中、やってないかも、やってても売り切れでお店閉めちゃったかもしれない。

そう思いつつ夜電話してみたら、さいわいやってました。

 

店に入ると、お客さんがいない。

聞けば連休中は「待ち疲れ」だそうだ。

 

連休中の営業について、お客さんに情報が行き渡ってなかったことが原因らしい。

お店にとっては残念だが、われわれにとってはうれしい状況。

 

amanjaku1905_1.jpg

 

夜は火・木・土しか営業しないので、なかなかタイミングが合いません。

 

amanjaku1905_2.jpg

トンペー焼きから

 

amanjaku1905_3.jpg

酔いどれこんにゃ

 

なんで酔いどれかというと、お酒を使うから。

 

ママさんによれば、お店をはじめるとき、特色を出そうと思ってメニューのネーミングにこだわったそうです。

 

amanjaku1905_4.jpg

ホーレンベーコン

 

amanjaku1905_7.jpg

お好み焼きスペシャルの制作過程

 

amanjaku1905_5.jpg

スペシャル完成

 

amanjaku1905_6.jpg

トッピングのネギ追加

 

amanjaku1905_8.jpg

ママさんと店長

 

amanjaku1905_9.jpg

GW中の営業日

 

来年は皆さん、ぜひ出かけてください。

 

お客さんが少なかったので、ママさんたちと飼い犬談議に花が咲きました。

おいしいパン屋さんもいくつか教えてもらいました。

 

川崎の宮前区にある「等覚院」というお寺のツツジが見ごろだそうです。

 

開店25年。

 

「あまんじゃく」  保土ケ谷区・大門通り  ジャンル:広島風お好み焼き   わが家のお気に入り
 横浜市保土ケ谷区岩間町1-10-8

初訪問 2015年10月

 

※その後妻が「等覚院」に行ったら、ツツジはほとんど咲き終わっていたそうです。

posted by jinen_kun | 21:53 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
とり福☆西区・浅間町 焼き鳥

妻が出かけていてひとりの夜、ぶらぶら歩きながらひょいとこの店に入った。

 

何十年か前、いちどだけ入ったことがある。

選択理由は、なんとなく、ふだんいかない店へ、という気分かな。

 

じつは妻が出かけるとき、「ひとりでいても時間をつぶるようにしないといけない」と言われていて、晩めし時、意を決して外出。

 

torihuku1810_1.jpg

焼き鳥串、塩・タレはおまかせ

 

torihuku1810_3.jpg

もやし肉炒め

 

torihuku1810_2.jpg

店主

 

もともと群馬県出身で、若いころ横浜へ出てきた。

バンバン働いて資金を貯め、22歳でここにお店を出した。

 

来年で開店50年になるそうだ。

 

店に入ると右手奥に向かってカウンター。

奥に広いお座敷。

 

バブルのころは座敷に30人入るなど、連日満席でにぎわったそうだ。

 

味は少し濃い目で、特別感はないがふつうに食べられる。

ここは最高の味を求めてというよりは、皆さん、店主との会話を楽しみに通っているみたい。

 

女性スタッフが1人いたが、この人もノリがよく、店主とお客さんとの会話に加わっている。

 

torihuku1810_4.jpg

 

お店は開店した時から「一代」と決めているので、跡取りはなし。

 

ほぼはじめて行った店

「とり福」  西区・浅間町  ジャンル:焼き鳥

 横浜市西区浅間町5‐386-7

 

初訪問 2018年10月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 21:29 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |
さかえ☆岡野町 牛もつ

以前知り合いに勧められていたのですが、うちはモツはちょっと、と思って遠ざけていました。

 

後日その人にそのことを言うと、モツだけじゃなくていろいろなメニューがあるとのことでした。

 

機会があって行くことになりました。

 

sakae1807_1.jpg

 

 

sakae1807_2.jpg

お通しは露地野菜のサラダ

 

sakae1807_3.jpg

水ナス・リンゴ・新生姜のサラダ

 

お通しが出てくる前にサラダをたのんじゃったのでどうしようかと思ったけど、趣向がちがうので可。

 

sakae1807_4.jpg

シロたれ

 

sakae1807_5.jpg

牛モツのトマト煮込み

 

sakae1807_6.jpg

本日の牛赤身 白瓜と西洋わさび添え

 

締めに地野菜のチーズリゾット。

おいしいけど、塩効き過ぎ。

 

6人掛けのカウンターに座ることができました。

ほかに大テーブル10人、丸テーブル3人。

 

混んでました。

 

店主は寡黙で、接客はしない。女性スタッフ2人。

 

質問して情報収集。

スタッフの中に奥さんはいないそうです。

岡野町で焼肉の店をやっていたが、ビルが取り壊しになり撤収。

その後イタリアンの店などで修行して、今年の2月初旬に開店したとのことでした。

 

お店での会話を求めなければ、いい店かも。

 

はじめて行った店

「蔵モツ 肉酒場 さかえ」  西区・岡野町  ジャンル:炭火焼き

 横浜市西区浅間町1-12-3 1F

 お店のホームページ

 

初訪問 2018年7月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 20:58 | 外食日記:横浜駅周辺・西区 | comments(0) | trackbacks(0) |