Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
代官山ASOチェレステ☆日本橋三越 イタリア料理

「コレド室町」に「アートアクアリウム」を見に行きました。

チケットを買うのに1時間並ばなくてはならないと言われ、断念しました。

 

駐車割引券をもらうため、界隈でお昼を食べることにしました。

日本橋三越だと2000円以上で2時間無料になるとのことで、いちばんお得でした。

 

aso1608_1.jpg

 

aso1608_2.jpg

 

ランチメニューは「Fukiyose」と名付けられたコースがA、B、Cの3種類。

 

Aの前菜+パスタ+デザート+コーヒーを選択。

3500円+税。

 

前菜またはパスタにメインディッシュがつくBは4200円+税。

Cは前菜とパスタの両方で5500円+税。

 

いずれのコースもプリフィックススタイルで、料理によっては追加料金が必要になる。

 

ほかに、平日限定の「Hanabishi」があり、こちらはスープ+本日のパスタ+小さなデザート・コーヒーで2500円+税。

 

aso1608_3.jpg

パンと特製バター

 

aso1608_4.jpg

前菜5種からから本日のスープ

 

aso1608_5.jpg

パスタ6種から槍烏賊と生海苔のスパゲッティ アーリオオーリオ

 

aso1608_6.jpg

デザート

 

「ASO」ですから、もちろんおいしい。

サービスも上等。

 

料理の出方がランチではなく、ディナー並みにゆっくり。

ここと外とまったく別の時間が流れている。

要するに、料理が出るのが遅い。

 

女性1人で食事されている方も多く見られた。

こういう時の過ごし方をされている方もいらっしゃるんだなあ。

 

はじめて行った店

「代官山ASOチェレステ 日本橋店」  三越日本橋  ジャンル:イタリア料理

 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店新館 10F

 お店のホームページ

  「ひらまつ」グループ

 

初訪問 2016年8月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 19:12 | 外食日記:お東京 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンブロシア☆恵比寿 洋食
恵比寿の画廊に蟹江杏の作品展を見に行ったときに、ランチを食べに寄った店です。

画廊から駅に向かう途中のビルに入っている和食屋さんに行ってみました。
2時半。3時で店を閉めると言われ、断念して同じフロアの奥にあったこの店へ。

この店もランチは3時まででしたが、いいですよと迎え入れてくれた。
ただしランチについているサラダバーとドリンクバーはまもなく終わりますとのこと。
そんなに食べたり飲んだりできないので、了承しました。

ambrosia1602_1.jpg
おしゃれで高級そうな入り口

ambrosia1602_2.jpg
ランチ時間終了間際なのでお客さんはまばら

ambrosia1602_5.jpg
まずスープ、サラダ、ドリンクを確保

ビールは別料金。
休日ですから、昼間から飲んじゃう。

ambrosia1602_3.jpg
200g! イベリコ豚のチーズハンバーグ980円

パスタランチはすべて880円。
ambrosia1602_4.jpg
砂肝と九条ネギのペペロンチーノ

ハンバーグ柔らかい。パスタ、味が薄い。

ランチにはスープバー、有機野菜バー、ドリンクバー付き。
ライス・パスタ大盛りサービス無料。

この値段でこれだけのサービスなら、味のことで文句は言いません。

3時過ぎてお客さんが入ってきた。
そうか、いったん店を閉めるんじゃなくて、ランチタイムは終わっても通しでやってるんですね。

はじめて行った店
「アンブロシア恵比寿」  恵比寿  スパニッシュイタリアン
 東京都渋谷区恵比寿4-3-1 クイズ恵比寿2F
 株式会社IZOのホームページ

 ※はじめに入った和食屋の「一蔵」は系列店だった

初訪問 2016年2月
 あくまでも初訪問時の印象です。
 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。
 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。
posted by jinen_kun | 22:45 | 外食日記:お東京 | comments(0) | trackbacks(0) |
キッチンマロ☆谷根千 洋食屋
「谷根千」巡りをしました。

根津の「弥生美術館・竹久夢二美術館」から千駄木を通って、谷中銀座を目指して歩きました。

途中おなかがすいたので、昼食をとることに。
下町へ来たらこじゃれた店より、それらしい雰囲気の店がいいでしょう。

理想的な店を発見。

maro1601_3.jpg
昔ながらの洋食屋さんというたたずまい

店内にはお客さんがいっぱい。なんとか1席確保できました。
やはり谷根千ブームなんですね。歩いてる人、たくさんいましたし。

ちょっと恐そうなおじさんと、フロア係のおばさんの2人で回しています。

maro1601_2.jpg
ニンニク入りスタミナハンバーグ1300円

電車で来たので、昼間っからビールもいただきました。

maro1601_1.jpg
お得なセットメニューは御飯と味噌汁付き

あとで気づいたんですが、入り口の外にランチメニューの看板がありました。
ハンバーグは680円。

調理師免許証には東龍太郎都知事の名前が。
日付は昭和三十七年七月。年代もんです。

ちなみに、免許証には本籍地と生年月日も書かれています。
まじまじと見たことなかったので、そんなことまで書かれてるの知らなかった。

頑固おやじの店かと、一瞬身構えたけど、おじさん、優しい人だった。
忙しすぎて、おばさんに指示出すのでいっぱいいっぱいだったんですね。

はじめて行った店
「キッチン マロ」  千駄木  ジャンル:洋食
 東京都文京区千駄木3-41-12

初訪問 2016年1月
 あくまでも初訪問時の印象です。
 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。
 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。
posted by jinen_kun | 08:30 | 外食日記:お東京 | comments(0) | trackbacks(0) |
トラットリア・タンタ・ボッカ☆北参道 イタリア料理
友人に誘われて訪問。
クリスマスシーズンのさなかだったので、予約しておいてくれました。

明治通り沿い、北参道近く。

tanta1512_1.jpg

ほぼ一番乗りだったので、店内風景を撮影しました。
tanta1512_2.jpg
tanta1512_3.jpg

このあと続々とお客さんが入ってきて、ほどなく満席になりました。

この時期にコースだけではなく、アラカルトでの注文ができました。
黒板に書かれた本日のおすすめ。
tanta1512_4.jpg
「本日のカルネ」のところに、コサンカクだ、イチボだと、まるで焼き肉屋みたいなメニュー

「焼き肉屋みたい」とつぶやくと、スタッフがすかさず焼肉とのちがいを説明してくれました。
はじめに表面をカラッと焼いて、そのあとじっくりと時間をかけて仕上げていくそうです。

tanta1512_5.jpg
肉系の前菜盛り合わせ

tanta1512_6.jpg
どこかの部位の牛肉

tanta1512_7.jpg
お誕生日のお客さんをスタッフ全員でお祝い

東京にはなかなかすてきなお店がありますね。

はじめて行った店
「リストランテ・タンタ・ボッカ」  明治通り・北参道近く  イタリア料理
 渋谷区千駄ヶ谷4-5-1 1F
 お店のホームページ
  ※「株式会社セレソン」という会社が経営する店舗の1つ

初訪問 2015年12月
 あくまでも初訪問時の印象です。
 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。
 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。
posted by jinen_kun | 20:19 | 外食日記:お東京 | comments(0) | trackbacks(0) |