Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
とのうちファミリークリニックは、土曜日・日曜日の午後も診療しています
ぼんぐ里☆天王町 居酒屋

久しぶりかも。

どこに行こうかと思案して、なんとなくこの店に決まった。

 

bonguri1902_2.jpg

おすすめ

 

bonguri1902_6.jpg

牛すじ煮込み600円

 

bonguri1902_5.jpg

鶏唐揚げ550円

 

bonguri1902_7.jpg

さつま揚げ盛合わせ500円

 

ほかに鯵なめろう700円、きんき開き一夜干し焼き700円なども注文。

 

bonguri1902_3.jpg

 

日本酒は11番セット(獺祭・雪の茅舎・悦凱陣)1200円をオーダー。

  

定番メニューから本日のおすすめまで、料理の選択肢が広い。

日本酒の品揃えがいい。料理の味はおおむね良好。

1人3600円程度とリーズナブルな価格設定。

 

bonguri1902_1.jpg

ご主人

 

たまに行く店

「ぼんぐ里」  保土ヶ谷・裏天王町  ジャンル:居酒屋

  横浜市保土ケ谷区神戸町3-7

 ※帷子公園前

 

初訪問 2017年2月

 だいぶ以前に行ったことと、宴会は抜きにして

posted by jinen_kun | 11:06 | 外食日記:最近 | comments(0) | trackbacks(0) |
美鶏☆関内・太田町 焼き鳥

電話したらカウンターで予約が取れたので、出かけていきました。

 

midori1903_1.jpg

 

太田町の「さいとう」がある小路。

2階だからわかりにくいかと思いきや、煌々と明かりがついているのですぐわかりました。

 

midori1903_2.jpg

 

メニューは7品と一品料理(3品程度)の「美鶏コース」3500円のみ。

追加で串や一品料理もあり。

 

midori1903_4.jpg

漬物盛り合わせにつづいて、1本目はハツ

 

このあとモモ。

 

midori1903_5.jpg

本日の一品料理からとり味噌エシャレットを追加注文

 

midori1903_3.jpg

若き“巨匠”、店長の千田(ちだ)君

 

若いのにすごく礼儀正しくて、好感がもてる。

 

店に入った時、ガタイのいいスタッフがいたのでその人が店長かと思ったら、1人だけちがうユニフォームの若者が店長だった。

 

midori1903_6.jpg

一品料理の1つ目は茶わんむし

 

串は次いでうずら、白レバー。

うずらはかなり手がかかっている。

レバーには串のいちばん上にハツがついていて一緒に食べる。

 

一品料理の2品目は鳥そぼろのクリームチーズ和え。

 

midori1903_7.jpg

ちょうちん

 

midori1903_92.jpg

店長おすすめの日本酒2種

 

右、「農口尚彦研究所」製造の本醸造無濾過生原酒。

杜氏は農口尚彦とある。

 

左、山廃純米吟醸 農口。

 

同じ石川県だけど、住所が微妙にちがう。

右小松市、左能美市。

 

店長によると、日本一の杜氏で、「酒造りの神様」とも。

 

磯自慢別撰もありました。

 

midori1903_8.jpg

一品料理3品目の牛タンのデミグラスソース

 

カワが出てピーマンへ。

 

midori1903_9.jpg

「里葉亭」名物ピーマン焼き

 

本店とちがって、こちらは汁受けの器に入っている。

しかもとり味噌と出汁入り。

 

これでコースの7品プラス一品料理3品、完了。

 

串は具が小さめなので、小食の妻も完食。

手羽先、そり(ももの付け根)、ぎんなんを追加しました。

 

締めは鶏ガラスープ。

 

midori1903_91.jpg

カレーピラフをおみやげに

 

店長の千田君、里葉亭で5年、美鶏で2年の経験あり。

前任者の店長が1年半前に独立して、早くやめてほしいと願ってた通りになってうれしかった。

 

先に名前を出した「さいとう」の店主をはじめ、いろいろな店の人との交流があるようだ。

4月には大坂のミシュラン1つ星の店2店に食べに行く予定。

今年は日本酒スクールに通い、ソムリエの資格を取る。

 

努力家で野心家と見た。

そして、いずれ独立を目指すか。

 

鵜の目鷹の目の企業の方々、連れてかないでね。

 

店は福富町「里葉亭」経営。

 

はじめて行った店

「美鶏」  関内・太田町   ジャンル:焼き鳥

 横浜市中区太田町2-30 田中ビル2F

 

初訪問 2019年04月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ★★★ ぜひまた来たい

 ☆☆  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

posted by jinen_kun | 13:07 | 外食日記:最近 | comments(0) | trackbacks(0) |
芙蓉庵☆中目黒 そば

目黒川の桜を見に中目黒に行った時、寄りました。

 

目黒川近辺は人がいっぱいで、どこの店も混んでいたので、線路の川と反対側に回りました。

ぶらぶらして飲食店が入ったビルを発見。

 

huyoan1902_1.jpg

 

花見客らしき姿はありません。

 

huyoan1903_2.jpg

鴨せいろそば1600円

 

huyoan1903_3.jpg

ざる天もりうどん1550円

 

huyoan1903_4.jpg

 

そば湯にそばちょこがついてきました。

うれしいサービスです。これやってくるれるとこ、あんまりない。

あんな大どんぶりの汁にそば湯入れてどうすんの、といつも思うのです。

 

huyoan1903_5.jpg

 

街のふつうのおそば屋さんですが、お手拭きとお水が出て、ちょっとしたところに心遣いを感じました。

もちろん、休日昼ビールもいただきましたよ。

 

はじめて行った店

「芙蓉庵」  中目黒  ジャンル:そば

 東京都目黒区上目黒2丁目1-3 GTプラザ2階 

 

初訪問 2019年3月

 あくまでも初訪問時の印象です。

 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。

 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

 

評価

 ☆☆☆ ぜひまた来たい

 ★★  また来てもいい

 ☆   2回目はないかな

  ※中目黒にまた行くことがあるかどうかはわかりませんが

 

中目黒GT」のホームページに「中目黒に出店してもうすぐ30年。常に打ちたてのそばを提供」と書いてあります。

老舗、なんですね。

posted by jinen_kun | 13:57 | 外食日記:最近 | comments(0) | trackbacks(0) |
千成鮨☆保土ヶ谷駅東口 すし

たびたび行ってます。

 

っていつも書いてます。

なかなか記事にする機会がありません。

 

ある日のメニュー。

 

sennari1902_1.jpg

何とかのすり流し(手帳読めない)

 

sennari1902_3.jpg

いつもお願いしている特製サラダ

 

すし屋は野菜が不足するのでありがたい。

わがまま言って作ってもらっています。

 

sennari1902_2.jpg

刺身を順番に

 

sennari1902_4.jpg

日本酒そろい踏み

 

用意されているお酒はその都度ことなります。

日本酒は季節ものなので、この間のあれ、って言ってもないことが多いのであしからず。

 

右の竹葉(ちくは)は石川県のお酒で、全国燗酒コンテス金賞受賞。

 

sennari1902_5.jpg

平貝の貝柱

 

sennari1902_6.jpg

にぎりで絞め

 

店主の修ちゃんにフレンチからラーメン屋まで、いろいろなお店を教えてもらいました。

これから順番に回ります。

 

この日は地元医師会に書くグルメ原稿の取材のため訪問しました。

出来上がったらご紹介。

 

「千成鮨」  保土ヶ谷駅周辺  ジャンル:すし  わが家の“日本一の店”
 横浜市保土ヶ谷区区岩間町53

 

初訪問 2006年7月
 ※2度目の訪問は07年5月で、それ以来通い続けています

posted by jinen_kun | 21:36 | 外食日記:最近 | comments(0) | trackbacks(0) |