Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
鎌倉逍遙☆由比ヶ浜大通り編

鎌倉って、いつも車で目的地まで行って、サッと流して帰るだけなので、行ってるわりにあまり知らない。

 

今回は駅から歩いて長谷寺まで行くというプランを立てました。

さすがにこの時期、あじさい寺はないでしょう。混みすぎてて。

 

kamakura1706_1.jpg

建物1

 

歩きはじめてすぐ、「歴史的建造物」かと思えるような、こんなステキな建物に巡り合いました。

「THE BANK」と書いてある。「由比ヶ浜出張所」の文字も。

銀行の出張所だったんでしょうか。

 

この通り、「観音大通り」というペナントが飾ってあって、そういう名前かと思ったのですが・・・

ここが「由比ヶ浜大通り」のようです。

 

kamakura1706_2.jpg

建物2 

 

道の向こう側に、何かのお店らしいけど、説明のプレートがあるので、こちらは「歴史的建造物」でしょう。

 

「鎌倉市景観重要建築物等4号」と書かれていました。

「寸松堂」というお店のようです。

 

あとで調べたら、鎌倉市のHPに「国の登録有形文化財に指定された建物」とありました。

鎌倉彫の店です。

 

kamakura1706_3.jpg

建物3 「古民家スタジオ・イシワタリ」

 

kamakura1706_5.jpg

建物4 「旅館對僊閣(たいせんかく)」

 

長谷寺の参道にある古い建物。

「鎌倉市景観重要建築物等19号」のプレートがありました。

今もやってるのでしょうか。

 

「長谷寺」へ行きましたが、「あじさいの小径」40分待ちと書いてあったので、そのまま引き返しました。

 

脇道にそれても発見があります。

kamakura1706_6.jpg

建物5 「加賀谷邸」

 

こちらは「鎌倉市景観重要建築物等31号」のプレートがあります。

表札もあるので、個人のお宅でしょうか。

 

kamakura1706_8.jpg

トンネルを抜けると・・・

kamakura1706_7.jpg

建物6 「鎌倉文学館」(旧前田家別邸)

 

「鎌倉市景観重要建築物等1号」(平成2年10月1日指定)。

夏目漱石の生誕150年記念展「漱石からの手紙 漱石への手紙」をやってたので、見てきました。

 

御成通りでも旧邸発見。

kamakura1706_9.jpg

建物7 「旧安保小児科医院」

 

「鎌倉市景観重要建築物等16号」です。

 

 

今回は長谷寺まで歩いて行って、鎌倉文学館に寄る、というざっくりした計画を立ててただけでした。

歩いてみると、いろいろな発見があって、びっくりしました。

 

建物だけでなく、食べ物屋さんやお土産屋さんなんかもたくさん。

ちょっと歩いてこれですから、鎌倉は奥が深い。

 

こんどは北鎌倉方面にでも行ってみましょう。

 

※鎌倉市のHPに「鎌倉市景観重要建築物等」の一覧表がありました。

posted by jinen_kun | 21:09 | 観光・紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
とうざんの里☆山梨県・南都留郡

NHKの「おはよう日本」で紹介されていたので、さっそく行ってみました。

 

東山さん夫婦が4000坪の山を買い取り、2人で開墾して野草園を造成しました。

東山さんだから「とうざん」。

 

tozan1705_2.jpg

 

tozan1705_1.jpg

 

tozan1705_3.jpg

 

tozan1705_4.jpg

頂上の見晴台

 

tozan1705_5.jpg

富士山が見える

 

tozan1705_6.jpg

エビネが見頃

 

tozan1705_7.jpg

たぶん、エビネ

 

tozan1705_8.jpg

 

急な山道を登って下りて、入り口近くの休憩所へ。

奥さんがお茶や手作り料理を振る舞ってくれます。

 

料理は販売もしています。

じゃがいもの煮っころがしと干しシイタケをいただいてきました。

 

心ばかりの募金もしました。

 

tozan1705_9.jpg

 

「とうざんの里」  山梨・南都留郡

 山梨県南都留郡西桂町下暮地2833

 施設のホームページ

 

※今回の一般公開は5月20日で終了しています。

posted by jinen_kun | 12:15 | 観光・紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京都美術館☆バベルの塔展

東京都美術館で開催中の「バベルの塔展」を見てきました。


ここだけ写真撮影が許されている

 

この展覧会とコラボして、東京藝大がバベルの塔のミニチュア模型を展示しています。

「Study of BABEL」展という催しです。

 

babel1705_1.jpg

 

東京都美術館から看板の矢印に従って歩いていくと会場に到着します。

 

babel1705_4.jpg

東京藝術大学Arts & Science LAB.

 

1Fエントランスギャラリーで開催されていて、入場無料。

 

babel1705_2.jpg

 

babel1705_3.jpg

※フラッシュをたかなければ撮影可

 

じつは、ブリューゲルの絵はとても小さくて、しかも人だかりがしていて近寄れず、拍子抜けでした。

こちらの方が見たぞという実感が湧きます。

 

詳細は東京藝大のホームページをご覧ください。

 

会場のとなりに、おもむきのある立派な建物がありました。


さすが藝大、と思ったら、「国立国会図書館 国際子ども図書館」でした。


中に入って、喫茶室でお茶を飲んできました。

アイスコーヒー230円はリーズナブル。

 

上野公園めぐりに疲れたら、ここで一休み、っていうのはおすすめです。

posted by jinen_kun | 20:04 | 観光・紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
アメ横詣で

最近古着にハマってます。

とくに、ミリタリー系。

 

所ジョージが大塚製薬のOS-1のCMで着ているジャンパーを見たのがきっかけ。

ジャンパーって言うのは最近古いようで、この場合はフライトジャケットと言うらしい。

ブルゾンなんて呼び方もある。

 

そんでもって、古着屋めぐり、しています。

ミリタリーで有名な、横浜は浦舟にある「マツザキ商店」にも行ってみました。

もちろん、前から知ってたわけではなく、ネットで一生懸命検索した結果、知ったのです。

 

 

古着の店って、けっこうあっちこっちにあるんですね。

モアーズ岡田屋の中の店にも行ってみました。

1割引セール中だったので、革ジャンを衝動買いしてしまいました。

 

保土ヶ谷駅近くの商店街の中や、岡野町のサミットにもあることを知ったので、行ってみたのはもちろんです。

 

歩いていてたまたま見つけることもあります。

伊勢佐木町のブックオフには男性専用の古着の店がありました。

 

いままで興味がなかったので、目にしていても気がつかなかったんですね。

 

そういうことって、よくある。

ってか、ほとんどすべてのものがそういう対象になっている。

だって、急に空き地になったところに、今まで何があったのか、思い出せない。

 

という日々を過ごしつつ、ついにミリタリーウェアの聖地、アメ横の「中田商店」まで出向くことにしました。

 

 

上野からアメ横を下っていくと、目立つ角に店を発見。

すぐに見つけることができました。

 

店内を一回りして気づいたこと。

あれ、古着じゃないじゃん。

 

むか〜し、学生のころ、1969年、友達とこの店に来たことがあります。

米軍払い下げの「戦闘服」が売られていました。

 

時代、ですね。思い出。

 

ところが、今回見ると新品ばっかり。

う〜ん、残念。

 

 

トイレ休憩を兼ねて、「松坂屋」へ。

 

店内内装趣あり。

エレベーターはまだ現役?って感じの懐古的なたたずまい。

 

「歴史的建造物」かなんかに指定されてる風。

 

 

お昼ごはんを求めてブラブラ。

 

「仲町通り」で24時間営業の「礒丸水産」発見。

この店はあっちこっちで目にするけど、入るのははじめて。


大判アジ2枚付きのアジフライ定食852円+税

 

アジはころもが大きいのではなく、魚そのものが巨大。

昼からビールも飲んで、満足満足。

サービスタイム価格278円+税。

 

この通りでは、警察が「客引きに注意」の放送を流していました。

札幌でもあった。

 

お気を付けください。

 


上野公園入り口

 

上野でも「ちょい飲み」みたいなイベントをやってるんだ。

 

美術館でも、と思って歩きはじめたら、雲行きが怪しくなってきました。

 

大降りになったらヤバい。

そのまま右折して上野駅に向かいました。

 

本日もまた、ちょっとした小旅行。

posted by jinen_kun | 22:13 | 観光・紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |