Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
「とのうちファミリークリニック」は、4月27日(月)から29日(水)まで、5月4日(月)から6日(水)まで休診といたします。
ご了承ください。
<< 2010年9月17日(金)の『ワイドショーいちおし』 | TOP | 秋の雲その1 >>
たちばな食堂☆山梨・河口湖 食堂・定食屋

「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」で帰りがけに、興味深い話を聞きました。
「この店は水曜休みだからなかなか来られない」と言った時です。

「娘が店を出してて、そこは水曜日もやってるので、機会がありましたらぜひ」と言われたのです。
シェフのお父さんがもともとすし屋をやっていたところに「とんかつ屋」を開店した、ということでした。
「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」のショップカードにも、その店の案内が印刷されていました。
親子愛、を感じたものでした。

そういう話を聞いちゃあ行かないわけにはいかない。

翌日の昼、即訪問。

こちらはナビで出たので、迷わずに行かれました。
ただし、電話番号を入れると、「たちばな寿司」と表示されます。

船津三叉路付近。「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」からほぼ一直線。

たちばな食堂たちばな食堂
すし屋っぽいたたずまいの店に「たちばな食堂」ののれん。
店の前には駐車場も広く取られています。

駐車場に置かれたメニューの看板が手作りで、いかにも“若い娘”がやってる風。

たちばな食堂

たちばな食堂たちばな食堂たちばな食堂
内装はもろすし屋。カウンターにテーブル、そしてお座敷。

たちばな食堂たちばな食堂
注文したのはハンバーグ定食ととんかつ定食。各850円。
デザートにかき氷300円とほうじ茶のプリン300円も。

娘さん2人で切り盛りしてる。
フロアーはお姉さん担当で、キッチンは店主である妹という棲み分けがあるそうです。

そろそろお勘定という段になって、「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」で聞いてきましたなんて話をして。
ちょうどおじいちゃん夫婦もお店にいて、おじいちゃんからいろいろ話を聞くことができました。

おじいちゃんのお父さんがはじめた店で、おじいちゃんは54年間ここでやってたそうです。
で、そのお寿司屋さんは7月22日まで営業して閉店。お孫さんたちが29日に開店。
もう80を越えたのでと言ってましたが、どうしてどうして、元気そのもの。

でもうれしいでしょうねえ。息子はシェフ、孫たちが自分のあとお店を開いてくれた、なんてね。
この地で親子4代、連綿と受け継がれています。うらやましい話です。

おじいちゃんの話、中には極秘情報もありましたよ。
なにせ、極秘なので、お話できませんが。

お盆
たちばな食堂

料理を運ぶお盆はお嫁さん手作り。
「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」のシェフの奥さんで、「たちばな食堂」の娘たちのお母さん。
パンも作っちゃうし、お盆も作っちゃう。近くの木工所で端切れをもらって手作りしたそうです。
おじいちゃんご夫婦自慢の嫁、という話しぶりに、幸せそうな家族の姿が浮かんできます。

そしてこの店で使ってるパン粉は、「キャフェ・ドゥ・ブローニュ」のパンから作ったもの。
お父さんお母さんのところから届けられているそうです。

いい話でしょ。

はじめて行った店
「たちばな食堂」  山梨・河口湖  ジャンル:食堂  ☆☆☆☆
山梨県南都留郡富士河口湖町船津932
 お店のホームページ  そこからブログにも入れます。

  ※物語に☆ひとつ追加

初訪問 2010年8月
 あくまでも初訪問時の印象です。
 タイミング、体調や気分などで、評価は大きく変わります。
 別の日に行ってたら、まったくちがったかもしれません。

posted by jinen_kun | 22:25 | 外食日記:その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック