Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
「とのうちファミリークリニック」は、4月27日(月)から29日(水)まで、5月4日(月)から6日(水)まで休診といたします。
ご了承ください。
<< 2011年3月22日(火)の『ワイドショーいちおし』 | TOP | 小学校の卒業式に行ってきました >>
今年六十のおじいさん☆童謡だったんだ
このところずっと、「今年六十のおじいさん」という歌詞が頭から離れませんでした
曲も覚えています。
でも、誰の何という歌だったか、思い出せませんでした。

このフレーズで検索したら、「d-score」というサイトが出てきました
「童謡、唱歌、クラシックの楽譜ダウンロード」という副題がついています。

「船頭さん」という歌でした。
 作詞:武内俊子 作曲:河村光陽 昭和16年(1941年)7月28日
  村の渡しの船頭さんは 今年六十のおじいさん

昭和16年。
この頃は60歳というのはおじいさんだったんですね。
隔世の感。

この2人のコンビがつくった歌が挙げられています。
 「リンゴのひとりごと」:わたしはまっかなリンゴです お国は寒い・・・
 「かもめの水兵さん」 :かもめの水兵さん ならんだ水兵さん・・・
 「赤い帽子白い帽子」 :赤い帽子白い帽子 仲よしさん いつも通るよ・・・

はじめに検索した「Uta-Net」では、このフレーズでは何も出てきませんでした。
「ギッチラギッチラ」だと、「潮来花嫁さん」など。

歌謡曲ではなく、童謡だったんですね。
だから特定の歌手というのもいなかったわけか。

ところで、「童謡」と「唱歌」の違い、わかりますか。
音楽の教科書に載ってるのが唱歌かな、と思いました。

ネット検索したら、このサイトが一番最初に出ています。
ふむふむ、なるほど。
posted by jinen_kun | 17:00 | 昭和の残映 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック