Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
「とのうちファミリークリニック」は、4月27日(月)から29日(水)まで、5月4日(月)から6日(水)まで休診といたします。
ご了承ください。
<< 2019年2月18日(月)の「ワイドショーいちおし」 | TOP | 2019年2月19日(火)の「ワイドショーいちおし」 >>
里葉亭☆中区・福富町 鳥料理・焼き鳥

久しぶりの訪問。

 

「さいとう」を調べていたら、「里葉亭」の姉妹店が2店もできたという情報をみつけました。

その辺の事情を本店で聞いてみようと、予約を入れたのです。

 

手帳を見ると、最後にお店に行ったのが2016年3月なので、ほぼ2年ぶり。

 

ribatei1901_1.jpg

 

ribatei1901_2.jpg

 

いつもの流れで、おまかせの料理が次々と供されます。

 

ribatei1901_3.jpg

焼き担当は、若き巨匠のおにいちゃん

 

ribatei1901_5.jpg

 

ribatei1901_6.jpg

 

ribatei1901_7.jpg

 

ribatei1901_8.jpg

 

ribatei1901_92.jpg

磯自慢の用意もあり

 

ribatei1901_4.jpg

若手の2人

 

フロア係の女性の対応がすばらしくて気持ちがいい。

 

ribatei1901_9.jpg

締めのフライライスはお店で少し食べてお持ち帰り

 

先代のお父さんは、おととしの2月にお亡くなりになったそうです。

ということは、最後に来たときはもういらっしゃらなかったか。

 

2015年1月29日の記事から

『若い男性のスタッフが増えました。
 前にはお父さんが一人で焼きを担当していましたが、そのうちお兄ちゃんにだんだん継承されて。
 いまではおにいちゃん以外の若手も焼いてました。
 おにいちゃん担当だったフライライス(ドライカレー)も、若手が作ってます。』

 

2015年12月24日の記事から

『お兄ちゃんが完全に社長の後を継いで、焼きを任されています。
 若い男性スタッフ4人がお兄ちゃんを中心に励んでいました。
 社長は、お客さんまわりに徹しています。
 ネットで見てはじめて予約したというお客さんが2組ありました。
 丁寧におもてなししていました。』

 

お兄ちゃん社長、前には焼きをやらせてもらえずフライライスばかり作っていましたが、よくぞここまで立派になられた。

 

ribatei1901_91.jpg

 

ところで、「里葉亭」の姉妹店は太田町の「美鶏」だけだそうです。

 

「里葉亭」  中区福富町  ジャンル:焼き鳥・鶏料理   わが家の“日本一の店”
 横浜市中区福富町仲通り3-2 井上共同ビル1F

初訪問 2003年1月

 

※「グルメキャリー」という求人サイトに、オーナーの三代目店主榊原伴次さんも顔を出しています。

posted by jinen_kun | 15:49 | 外食日記:野毛・関内・中区 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック