Search this site

みんなのブログポータル JUGEM


人気ブログランキングへ


ブログパーツはブログわさび
とのうちファミリークリニックは、土曜日・日曜日の午後も診療しています

※手足口病〜ヘルパンギーナについて:6月2日現在
ここ数日、これらの病気らしい子がちらほらみられるようになりました
この2つの病気は、ほぼ同じ病気です

※手足口病〜ヘルパンギーナがはやっています:7月6日
はじめはのどの発疹だけでヘルパンギーナと診断され、遅れて手足などに発疹が広がる例が多くみられます
「コクサッキーA6」という種類のエンテロウイルスはひどい発疹を呈することが知られています
<< 2019年6月15日(土)の「ワイドショーいちおし」 | TOP | 2019年6月16日(日)の「ワイドショーいちおし」 >>
クラブ・ボクシングに新コーチの朴忠南氏就任☆ルネサンス天王町

クラブボクシングで長年コーチを務めていた吉森さんがこの4月いっぱいで退職。

それに伴い、新しいコーチが就任しました。

 

その1人が朴さん。

 

 

 

聞くところによると、かつて「大塚製薬」のボクシング部に属し、輝かしい戦績を残しているそうです。

なんでも、国体やインターハイを制したとのこと。

 

週3回はジムに出てくれていますので、ボクは行った時には毎回ミット打ちをお願いしています。

コーチングが理論的で上手。

 

楽しませてもらっています。

 

えー、ちなみに、ボクはこのボクシングジムに2003年から通っています(この前受付で確認しました)。

元プロボクサーの柴田大知コーチが2002年、吉森さんは2004年就任なので、この2人とは長いつき合いになりました。

 

吉森さんとはそれこそ、週2回はミット打ちをしてもらっていましたので、彼がやめてしまうのは痛手でした。

その無念な気持を乗り越えて、徐々に新しい人間関係を築きつつあります。

 

 

※さて、この記事を書くにあたり、朴さんのことをちょっとネット検索してみました。

 「ボクシング 大塚製薬 朴」を入れると…

 

 なんと、「同志社大学ボクシング部」がヒットしました。

 そのページに「著名なOB 朴忠南(大塚製薬株式会社) 」との記載があります。

 たぶん、この人ではないでしょうか。

 

 ちなみに、「大塚製薬」には「ボクシング部」は出てきません。

 「大塚製薬工場陸上競技部」というのだけ記載があります。

 

※訂正 2019/6/19

 ボクシングジムに行ってきました。

 今日は朴さんが担当。大塚製薬の件、聞いてみました。

 大塚製薬にボクシング部というものはもともとないそうです。

 朴さんはボクシングで会社に入ったのではなく、ふつうに就職試験を受けて入ったとのこと。

 社会人になってもボクシングを続けたかったので、所属先として会社名を使う許可を得ただけだそうです。

 

 OS1、うちも勧めています。なんか、朴さんと縁を感じるから不思議。

posted by jinen_kun | 00:07 | 応援隊・ルネサンス〜格闘技編 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tonouchi.jugem.jp/trackback/7343
トラックバック